東京の葬儀方法:家族葬

葬儀の最も大切な要となることは、亡くなった方を安らかに送り出すということです。人は生きているうちに多くの人とか変わりながら経験を積み、そうした中で人との絆を築いていきます。そうした故人とつながりの強い人達が、故人を偲ぶ心を持って送り出すということが、何よりも大切なことでしょう。ですから、最後の時を大切な人達に囲まれて密度の濃い時間とする葬儀は一つの暖かな心の通った葬儀のあり方であると言えます。そうした葬儀のやり方は、近しい親族によって行われる家族葬です。家族葬では、多くの人が訪れ、せわしないままに葬儀が執り行われるという事態ではなく、大切な人と一緒に大切に最後の時をゆったりと過ごすことができます。東京で行われる葬儀では、故人の知り合いや、仕事の関係者が多いという場合が多く、そうした参加者との関わりに忙しく、肝心の故人と向き合う余裕が亡くなってしまうということが考えられます。そのような自体を避けて、ゆっくりと故人と向き合うためには、最適な選択であると言えるでしょう。家族で過ごす最後の時間となるのが、葬式の時間です。葬式を終えてしまえば、もう近い距離で触れ合うということはできなくなってしまいます。ですから、近しい人の中で行われる心の通った暖かな葬式を行うということは、有意義なことであるといえます。時間を気にすることなく、ゆっくりと故人の顔を見て、言い残すことなく伝えたい想いを伝えることができるでしょう。

東京の葬儀に参列できない場合のマナー

突然の訃報が届いた場合、当日は用事があってどうしても参列できないという場合にはさまざまな対処方法があります。
仕事などでどうしても自分だけ時間が取れない場合に友人や知人は参列できるというときには、香典を届けてもらう方法があります。葬儀の受付では香典を渡して住所と名前を記帳しますが、自分が行けずに他の人に頼む場合には香典袋にしっかりと名前と住所を記入しておきます。名前は香典袋の外側に書きますが、住所や金額など内袋に記入するタイプの香典袋もあります。頼んだ人に記帳してもらうには、はっきりとした字で外袋に住所と名前を記入しておけば手間をかけさせません。
また、地方に住んでいて東京など離れた場所での葬儀で急には駆けつけることができないという場合には、後日香典を持参して訪問する方法もあります。ただし、遅くとも四十九日までに行くのがマナーでもあります。葬儀を終えたばかりの親族は、雑務でごたごたしていることもあるので、事前に行く日にちを伝えておくといいでしょう。
他にも、葬儀の日に合わせて弔電を打つ方法もあります。弔電はNTTだけでなくネットでも手軽に申し込める電報サービス会社がたくさんあります。業者によって凝ったデザインの台紙であったり花などがセットになったものなどがあるので、選択肢は豊富にあります。
たくさんの方法がありますが、周囲の人と相談したり先方との関係に合わせて自分に合った方法を利用してみましょう。

東京の葬儀方法:団体葬

葬儀には様々な形式がありますが、特に人口が多く経済や文化の発信地である東京では団体葬と呼ばれる形式の葬儀がよく執り行われます。社葬と呼ばれることもある葬儀ですが、亡くなった人が社会的地位の高い人である場合や、企業のトップなどの場合に会社や所属する団体が葬儀に必要な経費を全部負担して、執り行うのが一般的です。
通常の葬儀に比べれば参列者の数も桁違いに多く、規模が大きいため準備や告知にも手間がかかります。
そのため団体葬を行うときは施行実績の多い専門の業者に依頼をして会社が主体となって手続きを行うのが主流です。喪主は遺族の代表が務めるのが一般的ですが、家族だけでしっかりと見送ってあげたいと考えている時は家族葬を別で行うということもよくあります。
東京には様々な葬儀会社がありますが、会社の規模や実績などはそれぞれの会社で大きく異なるため、依頼をするときには事前にある程度下調べをしておくと安心です。
人が亡くなったときは気が動転して正常な判断を下すのが難しいですが、亡くなった人を盛大に見送ってあげられるように良い会社を選んで依頼をするのがおすすめです。
東京で行う場合は遠方からの参列者が集まりやすいように宿泊施設などが整った会社や、駅の近くなどで行えるような会社を選ぶのもおすすめです。
大勢の人が参列するタイプの方法なので、分からないことは専門家に任せて遺族はゆっくりと個人とのお別れに時間を費やすと良いでしょう。