Pocket

葬儀の形は人それぞれです。 音楽葬のように故人の好きだったものにちなんだお葬式の形もありますが、ほとんどの場合は故人が信仰していた宗教などで葬儀のスタイルも決まってきます。

キリスト教信者の場合はキリスト教式葬という葬儀方法で故人を追悼します。
しかし、一口にいってもカトリックやプロテスタントなどによって儀式の仕方や流れは異なってきます。

例えば、一般的に日本ではお通夜と呼んでいるものは日本にはありませんが、これが日本独自でカトリックでは通夜の儀、プロテスタントでは前夜祭として行われています。
また、日本の通夜は、故人を偲んで料理を食べたりお酒を飲んだりしますが、キリスト教の場合は、お酒は飲みません。

キリスト教式の葬儀ミサは一般的には協会で行われます。 しかし、自宅で行う場合もありますし、場合によっては斎場などを借りて行う場合もあります。
式の流れとしましては、カトリックの場合は、故人の罪について神に許しを求め、永遠の命を得られるようにします。
ミサの内容は基本的には、言葉の典礼や感謝の典礼が中心となります。言葉の典礼は聖書を朗読したり、神父が説教を行います。

また、感謝の典礼は、パンやぶどう酒などを祭壇に捧げます。
これに対してプロテスタントは、ミサは神に感謝することが中心となり、聖書の朗読をしたり、賛美歌を斉唱したり、牧師が説教を行ったりといったことが行われます。
東京では、こういった葬儀ミサを行っている業者がありますので、個人の信仰にあわせた葬儀を執り行うことができます。