Pocket

数ある東京の葬儀方法の中に、「社葬」というものがあります。
なんとなくイメージはできても、実際どんなものかわからない…という方も多くいらっしゃるかと思います。
そんな葬儀について、通常の葬儀との違い、メリットなどをご紹介します。故人が企業や団体のトップ、または重要な役割を担う人物だった場合、その影響は個人や家庭の範囲で終わらせることはできません。企業の発展や社会貢献に尽くされた方、惜しくも業務中に亡くなってしまった方を追悼するため、企業や団体とご遺族とが一体となり、協力して営まれる行事のことを社葬といいます。
多くの場合は企業や団体の経費で執り行われ、参列者も通常の葬式より多い傾向にあります。喪主は遺族の代表の方が務めますが、葬儀にかかる費用負担や運営の責任者である施主は企業の代表者が務めます。
目的として、個人が企業や団体に貢献した業績を世の中に広く知らしめ讃えること、そして、組織の団結力や結束力を高める、というものがあります。そのため大きな規模の行事になることが多く、執り行うには告知活動や複雑な準備、税務上の事務手続きなどが必要になります。そのため、それ専門のノウハウを持ったしっかりとした業者が必要になるのです。メリットとしては、企業や団体の価値観や存在意義を示すことに繋がるというものがあります。社内外から多くの参列者が訪れる中、そういった告知活動をすることはこれからの企業や団体の未来にも繋がるのです。