Pocket

葬儀には様々な形式がありますが、特に人口が多く経済や文化の発信地である東京では団体葬と呼ばれる形式の葬儀がよく執り行われます。社葬と呼ばれることもある葬儀ですが、亡くなった人が社会的地位の高い人である場合や、企業のトップなどの場合に会社や所属する団体が葬儀に必要な経費を全部負担して、執り行うのが一般的です。
通常の葬儀に比べれば参列者の数も桁違いに多く、規模が大きいため準備や告知にも手間がかかります。
そのため団体葬を行うときは施行実績の多い専門の業者に依頼をして会社が主体となって手続きを行うのが主流です。喪主は遺族の代表が務めるのが一般的ですが、家族だけでしっかりと見送ってあげたいと考えている時は家族葬を別で行うということもよくあります。
東京には様々な葬儀会社がありますが、会社の規模や実績などはそれぞれの会社で大きく異なるため、依頼をするときには事前にある程度下調べをしておくと安心です。
人が亡くなったときは気が動転して正常な判断を下すのが難しいですが、亡くなった人を盛大に見送ってあげられるように良い会社を選んで依頼をするのがおすすめです。
東京で行う場合は遠方からの参列者が集まりやすいように宿泊施設などが整った会社や、駅の近くなどで行えるような会社を選ぶのもおすすめです。
大勢の人が参列するタイプの方法なので、分からないことは専門家に任せて遺族はゆっくりと個人とのお別れに時間を費やすと良いでしょう。