Pocket

葬儀の最も大切な要となることは、亡くなった方を安らかに送り出すということです。人は生きているうちに多くの人とか変わりながら経験を積み、そうした中で人との絆を築いていきます。そうした故人とつながりの強い人達が、故人を偲ぶ心を持って送り出すということが、何よりも大切なことでしょう。ですから、最後の時を大切な人達に囲まれて密度の濃い時間とする葬儀は一つの暖かな心の通った葬儀のあり方であると言えます。そうした葬儀のやり方は、近しい親族によって行われる家族葬です。家族葬では、多くの人が訪れ、せわしないままに葬儀が執り行われるという事態ではなく、大切な人と一緒に大切に最後の時をゆったりと過ごすことができます。東京で行われる葬儀では、故人の知り合いや、仕事の関係者が多いという場合が多く、そうした参加者との関わりに忙しく、肝心の故人と向き合う余裕が亡くなってしまうということが考えられます。そのような自体を避けて、ゆっくりと故人と向き合うためには、最適な選択であると言えるでしょう。家族で過ごす最後の時間となるのが、葬式の時間です。葬式を終えてしまえば、もう近い距離で触れ合うということはできなくなってしまいます。ですから、近しい人の中で行われる心の通った暖かな葬式を行うということは、有意義なことであるといえます。時間を気にすることなく、ゆっくりと故人の顔を見て、言い残すことなく伝えたい想いを伝えることができるでしょう。